台北の自転車海苔

海外生活は上海に4年、シンガポール2年、そして台湾は1年過ぎました。自転車で台北を走り回って思ったこと、また台北の筋トレ事情なども書いていきたいと思います。

週末の買い物



朝に中正運動中心で踊っているおばさまたち何の曲で踊っているのかと思ったらストレイキャッツのロックタウンは恋の街でした。ロケンロー。
f:id:carodiario:20200921211504j:image

 


f:id:carodiario:20200921211751j:image

 復興のSOGOの下のスーパーに行ったのですが、ここはスゴいですね。シンガポールでいうところの明治屋でした。日本のモノが何でもありますね。ただ塩昆布はありませんでした。塩昆布は中山のSOGOです。塩昆布はないものの日本のモノがいっぱいありましたがもったいなくて買えませんでした。ポン酢は自分で作れば良いし。めんつゆも作れるし。刺身も寿司もどうしても食べたいワケじゃないし、なんて思ったら買えませんでした。

 

 


f:id:carodiario:20200921211918j:image

 で、何を買いに行ったかというと紅茶です。天仁のアッサムが100g 300元でした。トワイニングが外のカルディで439元、ここのスーパーの中で380元でした。何れも高い。水のように飲むには。

 


f:id:carodiario:20200921212056j:image

 台北の万年筆屋さん巡りは続けていますが、今回はPen studio鋼筆工作室です。


f:id:carodiario:20200921212344j:image

 Googleの評価は両極端だったのでどうかと思っていましたが、私の印象はとても良かったです。


f:id:carodiario:20200921212134j:image

 この台湾製の万年筆を買いました。PENLUXです。太さはFです。ニブは鉄製です。


f:id:carodiario:20200921212144j:image

 キャップが デルタのドルチェビータのようにシャツのポケットを傷めない仕様になっています。


f:id:carodiario:20200921212157j:image

ニブはこんな感じ。

 

スーパーではもったいないと何も買わなかったのに、万年筆は買ってしまった。(^^;)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ

 

 



台湾(海外生活・情報)ランキング 人気ブログランキングへ

 

東門市場のご飯

東門市場で果物とか野菜はよく買っていたのですが、土曜日にしらすを発見したので大喜びで買いました。スゴいこんなものまであるとは。フツーあってもちりめんじゃこでしょう。釜揚げがあるなんて。ほぼ乾燥していません。


f:id:carodiario:20200920195752j:image

惣菜も買ってこれが土曜日の昼食でした。中華な味付けではなくて和食な感じ。タンパク質は豚ヘレ180gを焼きました。

 


f:id:carodiario:20200920195803j:image

メインのしらすごはん。


f:id:carodiario:20200920195821j:image

翌日曜日の朝はしらすチーズトースト。これがまたバカうま。

東門市場はあなどれません。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ

 

 



台湾(海外生活・情報)ランキング 人気ブログランキングへ

 

こういうところが苦手

 台湾の苦手なところを書くとまた台湾好きのヒトから文句が来そうですが、前提として私にはヒトが苦手なところというか発達障害なところがあるのでご理解ください。


 基本的にヒトと会うのが苦手、出来るなら誰にも会わずに日々過ごしたいという人間なのです。もちろん仕事をしていますので、何とかそれなりに訓練して普通の社会生活ができるようになっていますが、休日になるとできる限り一人で過ごしていますし、初めて会うヒトとはなるべく会わずにいられたら幸せです。

 自動販売機が好きで日本以外の国には自動販売機が少ないことが不満です。ヒトに接することなくモノが買えるのはどんなに有難いか。またセルフのガソリンスタンドが大好きなのは安いからではなく、喋らずに済むからです。たまにセルフで勝手に入れているのに「窓ふいときましょか?」「空気圧大丈夫ですか?」とか話しかけてくるところがあって、あれは詐欺みたいなモノだと憤慨しています。

 以上は多少誇張もありますが、これを前提として続きを読んでください。

 先日、朝に例によって中正運動中心でトレーニングをしていました。その日は胸の日だったのですが、ダンベルの前のベンチが空いていなかったので最近としては久しぶりにバーベルでベンチプレスをしていたのですが、一応予定していた回数を終えてウェイトをバーから外して直そうと(直すは片づける、かたす、の関西弁です。)したら突然となりでスクワットをしていた二十歳ぐらいの男子に声をかけられました。

 片づけるの手伝いましょうか?

 私のような人間は突然声をかけられるというのが一番苦手なのですが、台湾で答えを躊躇すると直ぐに中国語がわからない外国人と思われて英語で言い直されたりします。それはそれでまた頭に来るので反射的に答えるようにするのですが、この状況で手伝いましょうか?というのはどういう意味かわかりません。私が年寄りに見えて重いものを片付けるのを手伝ってあげようかと思ったか?でもこの青年が私の半分未満の年齢としても彼がたぶん1repも挙げられない重量でメインセットを組んでいたのです。じゃあ何? 何か下心がある? かとも思いましたが、他の東南アジアの国ならともかく台湾だからそれはないか。じゃあ私に気があってきっかけを待っていた? 私はそういう類のヒトからはモテないのです。

 ということを瞬時に考えて、しかし返事が遅れてはいけない、と思ったので

 不用了(けっこうです。)

 とだけ答えたので少し冷たかったかとは思います。


 まあ、彼の意図は確かめていないので不明ですが、実際親切なヒトだったのだと思います。しかし、日本人とわかっていて声をかけて来たのか、けっこう本格的にトレーニングをしているヒトが珍しくてアドバイスを求めて声をかけてきたのかわかりませんが、多少の目的はあったのだと思います。

 むかし私が英会話を習っていたアメリカ人のグレッグは台湾で教えていたこともあってこんなことを言っていました。彼の教え子だった台湾人は英語の地図を持ち歩いていて道に迷っていると思しき西洋人を見ると話しかけてその地図を見せて教えてあげるのだということでした。当時は「そんなヤツおらんやろう。」と思ったけど、いまはわかるような気がします。そういうヒト居そうです、台湾にゃ。


 ジムで声をかけられることは日本ではほとんどないけど、シンガポールではよくありました。ほとんどが「あと何セットやる?」と訊く。つまりは「次待ってるよ。」もしくは「早く終われよ。」ということ。

 日本人の場合はこういうことを訊きません。こう訊くと「早く終われ。」と急かしていることになると思うから敢えて訊きません。この辺りは国民性の違いですね。

 また、日本でもジムで話しかけられることは極々たまにありますが、その場合に助かるのは日本人の場合はあまり突然にならないように何となく話しかけるよ、という雰囲気で近づいて来て更にはブレスして話しかける合図をしてから話しかけてくるので私のような人間でも準備ができるのがありがたいです。





にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ

 

 



台湾(海外生活・情報)ランキング 人気ブログランキングへ

 

イップ・マン 宗師

 

杜宇航(デニス・トー)の「葉問  宗師」が日本で10月に公開されるなんて知りませんでした。


f:id:carodiario:20200919110124j:image

 

warau-pc.cinemanews.site

 

 

eiga.com

 

台湾でも上映されていませんよね。中国では上映されたのでしょうか。優酷で観られるのは知っていましたが。どうしましょうかね。





にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ

 

 



台湾(海外生活・情報)ランキング 人気ブログランキングへ

 

仲秋前の佳德

 昨日の朝たまたま佳徳の前を通ったら凄い行列をしていました。


f:id:carodiario:20200918113137j:image

 朝9時過ぎに見たのがこれで100mぐらい並んでいました。

 


f:id:carodiario:20200918113243j:image

 帰り11時半ぐらいはこれで、折り返して並んでいました。

 

 


f:id:carodiario:20200917235624j:image

 先頭集団は椅子が用意されていました。どれぐらい並んだのか訊くと2時間とのことでした。

 


f:id:carodiario:20200917235640j:image

 時節柄月餅の行列かと思ったら仲秋節用のパイナップルケーキとのこと。いや、別に特別なバージョンではなくて通常のを仲秋節用に購入するんだと。お月見だから丸いものじゃなくてもイイのでせうか。パイナップルケーキは四角いぞ、それでもイイのか。不思議です。


 いや、廣式は四角いぞ、と言う方もおられるでしょうが、それでも角は丸いでしょう。パイナップルケーキのように角は立っていないしエッジも立っていないでしょう。





にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ

 

 



台湾(海外生活・情報)ランキング 人気ブログランキングへ

 

イップ・マン誕生~葉問 前傳

 イップ・マンシリーズは1~4までド兄さん主演ですが、それ以外に違う俳優によるこの前傳と外傳(マックス・チャン)、終極一戦(アンソニー・ウォン)があります。グランドマスター(トニー・レオン)もそうと言えるかな。


f:id:carodiario:20200914160206j:image

葉問 前傳(イップ・マン誕生)

 

 その中であまり日本では知られていないこの前傳(イップマン誕生)ですが、けっこう私は好きです。

 

 全体のストーリー的にはちょっと荒唐無稽過ぎたりするのですが、細かいところで好きな所があります。

 

 それは留学先の香港で梁壁に詠春拳を習うところ。かなりお歳を召した薬屋の老闆(本人は老闆じゃないと言っていますが)が実は梁壁でひょんなことから梁壁に師事することになります。梁壁というのは陳華順の師匠である梁贊の次男です。 陳華順というのは葉問の師匠です。梁贊の次男(長男は病死)であるのになぜか正統な継承者にはならず陳華順の方がその継承者となり梁壁の方が異端的な扱いを受けることになるのです。その梁壁と葉問のやり取りが以下です。

 

師傅說詠春是手打七分 腳踢三分 專攻下三路

 これは、詠春拳は手の攻撃が七割で脚が三割。そして蹴りも腰より下への攻撃だけだという意味で、葉問が梁壁に対して言います。あなたのそれは詠春じゃない、と。

 

これに対して梁壁がこう答えます。

 

伝統的詠春拳是以手為主但是不可以一成不變

變化了的詠春,變得更加靈活

有腳法 有摔法 一招多用 招招實用

 確かに伝統的な詠春は手技が主体だ。しかし一切の変化を否定してはいけない。変化した詠春は更にフレキシブルに成る。蹴りも有れば投げもある。1つの技に色んな用途がありそういう技がたくさんあれば実戦的になる。

 

これに納得して葉問もハイキックに肘打ちまで修得するのです。もちろん持ち帰って兄弟子の呉仲素(ユン・ピョウ)にキレられますが。

 

 それから、この前傳の主演の杜宇航はこの映画の為ではなく元々詠春使いなので観ていてホントに正宗な詠春なのが気持ちがイイ。一方ド兄さんは元は詠春使いではなくこのイップマンシリーズの為に詠春を修得したのです。だから他の映画では詠春を使わずに格闘しています。

 

 そういう意味では詠春拳好きにはこちらの前傳の方が楽しめる気がします。サモハン・キンポーとユン・ピョウが目隠しをして組手をするシーンも出てきてニンマリします。

 

 その他にキャストでいうと、梁壁の役が実際の葉問の長男の葉準です。

 また「葉問1,2」にも出ている樊少皇が出ていますが、ワイルドな髭面ではなく一応ナイーブそうな青年の役で初めは笑ってしまふ。

 

 ちなみにこの杜宇航(デニス・トー)も「葉問1及び2」に出ています。全くイメージが違うので気が付きませんでした。2では葉問の弟子に絡むチンピラの役です。


f:id:carodiario:20200916234246j:image

「葉問1」では樊少皇が切磋(道場破り)に葉問宅に押し掛ける時の手下の役です。

f:id:carodiario:20200916234435j:image
「葉問2」では葉問の弟子に絡むチンピラ(洪金寶の師弟)役。

 

また佛山武術協会だかなんだかの会長役(暗殺される)も本当の詠春拳の達人で実は私は教則本とDVDを持っています。


f:id:carodiario:20200916234613j:image

 

    ということで、この「葉問  前傳」DVDでしか観ることが出来ないと思いますがおススメです。台湾のテレビでも「葉問1~4」と「外傳  張天志」はよくやっているのですが、前傳はやらないですね。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ

 

 



台湾(海外生活・情報)ランキング 人気ブログランキングへ

 

台湾のエニタイムフィットネスが減っている件


f:id:carodiario:20200913233319j:image

 日本もシンガポールも凄い勢いで店舗数が増えていたのでこの台湾でも増えるものとばかり思っていたら、知らぬ間にMRTで通える範囲の店舗がなくなりつつあるのです。

  私のことを言いますと、先週エニタイムを退会しました。退会してくださいという連絡が来たからです。実はエニタイムは大阪市内の店舗の会員で、シンガポールにいたときもずっとそうでした。大阪市内の別の店舗に会員の所属先が変わったことはあるけど、海外に転勤しても海外の店舗の会員になったことはありません。日本国内ではざっくり言うと「2~3か月の間で利用回数の多い店舗に自動的に移籍になる」のだけど、海外の店舗とは自動的に移籍は起こらないからです。

 

 なので台北に出張で通ってた2018年はもちろん、駐在するようになってからも大阪市内の店舗の会員で居続けていました。それでも毎月のように日本に帰っていたので帰っている間はほぼ毎日大阪のエニタイムに通っていました。

 ところが、コロナの所為で帰国できなくなって日本で利用できなくなりました。

 といっても、台湾でエニタイムは店舗数が少なく家の近所にも会社の近くにもないので休日しか行かなくて、平日は毎朝家の近所の公営ジムに通っています。それでもコロナが収まったらまた日本に帰国することや他の国への出張も考えて会員を続けていました。台北だけでは週に1~2回、月5~6回ぐらいしかエニタイムには通えない。残りの20数回/月は中正運動中心です。

 台湾の某店では店員の態度から歓迎されてないのは気付いていたけど(この会員が自店の会員かそうでないかというのがわかる術はありそうですが、実際にチェックしたというのは大概ですね。)、土曜か日曜朝のヒトの少ない時間帯しか行かず貸し切りの時もあるぐらいでお金はその店舗に落ちていないとはいえ、迷惑にはなっていないと思い平然と使っていました。いえ、こちらとしてはシステムとして他店舗、それが海外であっても使えるという前提の下に会員となったし、それが売りとなっているのでいいんじゃない?と思っていました。

 海外の店舗間では移籍は行わないというのはそちらのシステムであり、ダメだというならそれはシステムの不備だと思ふ。だって規約にはそんなことは書いていなかったし、そもそも入会時に移籍についての説明はなく、しばらく経ってから国内移籍の話は突如出現してきた感じ、そして海外の店舗とは移籍がないというのは今でも告知しているのかどうか知らないけど、ホームより海外の店舗に多く通う場合は退会してそちらに新しく入会し直せというのはあんまりだと思います。料金だって日本の方が高いのを敢えてそうしてるのです。ふるさと納税みたいなもん(違うか)。

 ということで、とにかく大阪のエニタイムは退会するけど、じゃあ台北で入会するかというと実はするつもりはまったくありません。それは台北で入会するメリットがなくなったからです。台北市とその周辺の新北市、つまり台北に住んでいる私が通える店舗はつい最近まで5店舗あって更に増えるものと思っていたのに、知らぬ間に2店舗にまで減ってしまいました。

 なぜかというと台北ではエニタイムのメリットがないからだと思います。朝6時オープンの公営のジムがたくさんあって1時間50元(約180円)だから、会員制の24時間ジムのメリットはありません。台湾のヒトは残業しないので夜中にトレーニングするのは不眠症のヒト(自分か)ぐらいです。

 たぶんこのまま台北にエニタイムはなくなるんじゃないかと思います。台中や高雄の店舗も減っている感じです。

 1時間いくらの安い民間ジムも多くあるし、本格的なジムもエニタイムと価格差がないので、台北ではエニタイムに特にメリットがないからです。

 10日までにネットで退会手続きしろと言われたので、急いでやりました。以前は所属店舗に行かなければ手続き出来なかったのにいまはネットで出来るようです。コロナの関係で退会が相次いだ所為でしょうか。

 

 今後土日に行くジムをどうするかですが、何れにしても土日の朝も早起きしなければなりません。9時を過ぎるとエニタイム以外はどこも満員になります。

 


f:id:carodiario:20200913231051j:image

 1分1元のソウルフィットは7時台はまだこの通りガラガラです。でも直(じき)にフリーウェイトが埋まり、マシンも待たなければならなくなります。

 

 

 


f:id:carodiario:20200913231218j:image

 中正運動中心は7時台でも既に密です。年齢を召した方々が多いです。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ

 

 



台湾(海外生活・情報)ランキング 人気ブログランキングへ